ほくろ悩みは除去で解決【跡が残りにくい治療方法】

ほくろ悩みは除去で解決【跡が残りにくい治療方法】

気になる部分を除去

カウンセリング

ほくろ除去をする場合には、美容皮膚科でも対応をしてくれます。気になっているのであれば、積極的に治療を受けたほうが精神的にもよいでしょう。最近ではコストもそんなにかからなくなっているので身近に感じることもできるようになりました。

細胞ごと切除する治療

顔を触る人

ほくろの細胞ごと除去する治療には、切除縫合治療やくり抜き法といった種類があります。どちらの治療もカウンセリングからはじまり、麻酔を行ってから施術を行うのが基本です。切除縫合治療は約15分から30分程度、くり抜き法は10分程度で終了します。

簡単な施術で安心

女性

コンプレックスをなくす

顔や身体の様々な部分に出来るほくろを、簡単に除去できる美容整形外科の施術が人気となっています。特に顔のほくろが大きくなってしまった場合にはコンプレックスとなる方も多く、跡の残らない美容整形外科での施術を希望する方が多く見られます。主な施術の方法としては、レーザーによる除去方法とメスによる切開の除去方法が挙げられ、ほくろの大きさや根の深さによって選ぶ事が可能です。レーザー治療は短時間で終わるものだと1分ほどで施術が終了するため、体力に負担をかける事なく楽に受ける事が出来ます。メスによる切開を行う場合は、切った部分を縫合するため治療から数日間はかさぶたや赤みとなりますが、次第に普通の皮膚の色に戻ります。どのくらいの根の深さであるかにもよりますが、普通のサイズならメスを使用して1度の施術で根をすべて取れるので便利です。1度の施術で取りきれない大きく根が深いものの場合には、数回に分けて治療を行う事も出来ます。また、深い根の治療を行う際には局部麻酔を使用するため痛みを感じる事なく治療を受けることが出来るので安心です。たくさん出来ているほくろが気になるなどのお悩みを持っている方でも、美容整形外科でレーザー治療を行えば短時間にほくろのない皮膚になることが出来ます。美容目的のほくろ除去の場合は、一般の皮膚科で治療するよりも美容整形外科を選ぶ方が多く、跡の残りにくいプランが人気です。除去を行うほくろの個数が多い方に好評のプランとしては、複数個をまとめて治療するものがあり、1つずつの治療費を支払うよりも安い料金設定となっています。また、複数個を同時に治療する事でアフターケアのために通院する回数が少なく済むため便利です。治療に使用するレーザーの種類も複数あり、炭酸ガスを使用しているものではメスによる切開が必要な箇所にも対応しています。炭酸ガスレーザーによる根の深いほくろの治療を行なう場合には、数回に分けて施術を受ける事になりますが跡が残りにくい治療方法として人気です。経過を見るための通院の際には、跡が残らないようにクリームなどを処方しているところも多く、アフターケアが充実している事も美容整形外科で施術を受けるメリットであると言えます。

美しさを求めるなら

医者

ほくろ除去を受ける場合は、医療機関を選ぶ必要があります。傷跡を残したくないらな形成外科や美容外科を選びましょう。美容外科の場合、Qスイッチレーザーというレーザーでの治療が多く行われています。小さく平坦なほくろに対して有効です。

大きいものも切除できる

医者

1cm以上の大きいほくろも切除縫合治療であれば、キレイに除去できます。治療後に再発しにくいという点からも、切除縫合治療は人気です。切除縫合治療を受けた場合にかかる費用は、約9000円から3万円程度となっています。

悩みのほくろを除去

顔を触る人

大きく盛り上がっているほくろも、治療で取り除くことが可能です。このようなほくろの場合、電気凝固法というほくろ除去治療がおすすめです。電気凝固法には施術中の出血量が少ない・施術時間が短いといったメリットがあります。