ほくろ悩みは除去で解決【跡が残りにくい治療方法】

  1. ホーム
  2. 悩みのほくろを除去

悩みのほくろを除去

顔を触る人

コンプレックスを解消

色素が薄く小さいほくろであればコンシーラーやファンデーションでカバーすることもできますが、盛り上がった大きなほくろの場合、メイクでカバーするのが難しいようです。メイクでカバーが難しいほくろにコンプレックスを感じているという人は、ほくろ除去治療を検討してみてはいかがでしょう。美容外科クリニックなどの医療機関では、ほくろを切除する治療を行っており、ほくろに悩む多くの患者さんが施術を受けています。大きく皮膚から盛り上がっているほくろであっても、ほくろ除去治療を受ければその部分には何も無かったかのようになるまで、キレイにすることが可能です。無理にメイクでほくろを隠すということもしなくて済みますし、ほくろに対するコンプレックスも施術を受けることで解消できます。ほくろ除去治療は美容外科クリニックだけでなく、一般皮膚科や整形外科などでも行っているので、悩んでいる人はまず医療機関を受診しましょう。盛り上がっているほくろの場合、施術時間はわずか10分程度と短く施術後に傷跡にもなり難い電気凝固法がおすすめです。皮膚から盛り上がっているほくろにコンプレックスを感じている場合、どのようなほくろ除去治療を受けるのがベストなのでしょうか。ほくろ除去治療はほくろの大きさなどによって施術を変える必要があり、10ミリ以上の大きさや盛り上がりのあるほくろの場合は、「電気凝固法」という施術法がおすすめです。電気凝固法は高周波メス・電気メスによるほくろ除去治療で、メスをほくろ部分に当てて一定の高周波・電気を流すことで取り除いていきます。盛り上がりのあるほくろも電気凝固法ならキレイに切除できるので、ほくろのコンプレックスを解消することが可能です。さらに電気凝固法という名前のとおり、この施術法はほくろをでつじょすると同時に患部が凝固する作用を発揮します。切ったそばから患部が凝固していくので、施術中の出血量が少ないというメリットがある点も電気凝固法の特徴です。ほくろを除去する治療法には色々な種類がありますが、自分のほくろに合わせた施術をチョイスすればキレイに切除できるので、治療選びは慎重に行いましょう。