大きいものも切除できる|ほくろ悩みは除去で解決【跡が残りにくい治療方法】

ほくろ悩みは除去で解決【跡が残りにくい治療方法】

  1. ホーム
  2. 大きいものも切除できる

大きいものも切除できる

医者

人気を集める理由

大きく盛り上がったほくろが顔にあると鏡を見つたび、「この、ほくろさえ無かったら・・」とため息をつく人も多いのではないでしょうか。1cm程度の大きなほくろが顔にある場合、一目につきやすいということもあり男性・女性ともに、コンプレックスに感じがちです。メイクで隠すこともできない大きなほくろがコンプレックスという人は、切除縫合という治療で除去してみてはいかがでしょう。切除縫合治療は文字通り、患部をメスで切り取って縫合することによって、完全に根っこまでを除去できる施術となっています。特に大きなほくろの場合「もしかしてガンなのでは」と不安に感じる人も多いようですが、切除縫合の治療の場合は患部を病理検査することが可能です。コンプレックスを取り除くだけでなく、ガンかそうで無いかまでを調べることができる切除縫合治療は人気となっています。患部を切除して縫合すると聞くと痛みが強いのではと不安になるかもしれませんが、施術の際は麻酔を行うので痛みを感じることはありません。大きいほくろも除去できる「切開縫合治療」は、美容外科クリニックのほとんどが対応している、とてもベーシックな治療法です。費用の相場はクリニックによってはもちろん、施術を行う患部の部位などによっても変わりますが、平均すると切除縫合治療は約9000円から3万円程度で治療を受けられます。ほくろを除去できる治療法の中には数千円程度の費用で済むケースもあるので、この費用と比べると切除縫合治療は少々高いと感じるかもしれません。ただ、切除縫合治療の場合は表面だけでなく、皮膚の中にある細胞も一緒に除去できるので腕の良いドクターが施術を行った場合は、ほぼ再発の心配はありません。手軽で費用も安いレーザーでの治療だと、完全に取りきることができずに何回かに分けて施術を行う必要もありますが、切除縫合治療なら1回の治療で除去することが可能です。大きく盛り上がっているほくろを完全に取り除きたいという場合は、再発するリスクが少なく、1回の施術で済む切除縫合治療を選ぶと良いでしょう。