美しさを求めるなら|ほくろ悩みは除去で解決【跡が残りにくい治療方法】

ほくろ悩みは除去で解決【跡が残りにくい治療方法】

  1. ホーム
  2. 美しさを求めるなら

美しさを求めるなら

医者

病院選びのポイント

ほくろがコンプレックスになっているという人は、医療機関で「ほくろ除去」の治療を受けてみてはいかがでしょう。小さいほくろでも大きく盛り上がったほくろでも、ほくろ除去治療を受ければ元から無かったかのように取り除けます。ただ、ほくろを取り除く治療の場合は何科で受けることができるのか、分からないという人も少なくないようです。ほくろ除去を行っている病院はおもに皮膚科、形成外科、美容皮膚科の3つですので、これら医療機関の中から治療を受けるクリニックを選ぶことになります。どの医療機関を選ぶべきかを判断する、1つの基準として挙げられるのが「施術後の仕上がり」や「プラスαの効果を得たいか」という点が挙げられます。例えば皮膚科の場合はあくまで、ほくろを取り除くことに特化した施術を行うためクリニックによっては、あまり傷跡を考慮しません。もし、できるだけ傷跡が残らないような施術を希望する場合は、形成外科や美容外科を選ぶと良いでしょう。さらに、ほくろを除去した患部の美肌効果まで得たいという場合は、審美性の高い施術を行う美容外科での治療がおすすめです。施術後、できるだけ傷跡が残らないようなほくろ除去治療を受けたいという場合は、美容外科など審美性の高い施術を行う医療機関を選ぶと良いでしょう。ほくろ除去治療には様々な種類がありますが、美容外科の場合はQスイッチレーザーなど、レーザーでの施術が一般的となっています。Qスイッチレーザーはほくろである母斑細胞に存在している、メラニン色素をレーザーの熱によって破壊して薄くしていくという特徴を持つレーザーです。Qスイッチレーザーはほくろだけでなくシミの治療にも多く用いられているレーザーなので、美容外科であれば大半でこのレーザーによる治療を受けられます。ほくろ部分にレーザーを照射するだけという手軽な治療法ということもあり、ほくろを除去したい場合にまず選択肢となるのがレーザー治療です。Qスイッチレーザーでの治療の場合は、盛り上がりの無い小さく平坦なほくろに対して、優れた効果を発揮すると言われています。クリニックによってはほくろの状態によっては、Qスイッチレーザーに炭酸ガスレーザーをプラスして治療を行うケースもあるようです。